必見報告! 「Visaデビットカード」ってなにがすごいの?

「Visaデビットカード」って、どんなカードかご存知ですか?今日は、「Visaデビットカード」のこと、紹介します!


とくに、 初心者さん大集合~。髙木の「勉強会ポ」、「便利な使い方」などを見ていきますよー。

 

では、全2話のはじまり、はじまり~。


【画像】Visaオフィシャルサイトより

■第1

「デビットカード情報を仕入れてきました」の巻


●どこに?

仕入れ先は、市場、、、。じゃなくて「ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社」さま。こちらの会社の取引相手は、Visaカードを発行する銀行など。いわばVISAの大元締めの会社です。


こんなところに髙木が1人で訪問できるわけもありません。今回は所属させていただいているエフピーリサーチアンドコンテンツ株式会社(通称はFP-RECO)さんのコーディネートあっての実現でした。


地方にいながらも、新しい情報を知ることができたり、全国の同業仲間と情報交換できるのは、この集団にいるおかげです。田舎のFP髙木の救世主、あ~、ありがたい。



 

   【東京駅】田舎ものがつい撮影する天井…。


さて、訪問の場所はやっぱり東京。東京駅からほどなくの場所なのですが、迷って遅刻しては大変。一般人が気軽にたずねる会社ではないので、入場も厳格なようで…(ドキッ)。

 


 

   【KITTE】最近、名古屋にもKITTEができましたよ


こちら、ド方向音痴の髙木を心配し、東京駅近くでピックアップしてくれた千葉の高橋さん(左)。早めランチに合流の岐阜の大澤さん(右)。

一度、行ってみたかったKITTEの店で。すでに今日の仕事を終えたかの笑顔です。お2人さん、お仕事は、まだこれからですよ。


 

無事に到着した会場はこちら。ここで、半日の勉強会&ディスカッションが、いざスタートです。重々しいレイアウトの会議室ですね。ダークスーツの金融機関さん、FP仲間でびっしり。


なんだかアカデミックな雰囲気に、ややおじけ気味の髙木。

 

●だれに教わってきたの?

いやぁ、お集まりの講師陣すごかったです。この日は、ビザワールドワイドジャパンの担当者さまから、Visaデビットの特徴などを、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、ソニー銀行の各担当者さまから、自行Visaデビットのよいところをレクチャーいただきました。


Visaデビット発行元の銀行さんが、こんなふうに集まるなんて、なかなかないことです。なんだか圧倒される~。Visaデビット機能の基本はどこも同じですが、各銀行さんごとに工夫された付帯サービスをおさえておくのも大事。


うせなら、自分の生活シーンにひったりの銀行のVisaデビットを持つべきですね。

 

●「家計などへの取り入れ方」

「地方ならではの利用術」をディスカッション!

全国から集まった40人弱のFP。顧客に提案するため、Visaデビットの具体的な使い方を活動地域ごとのグループで考え、発表しました。「誰かをイメージして、具体的に」ってのがミソ。


たとえば、浪費癖のある人に予算管理するため使ってもらうとか…。また、「ケチ、もとい堅実な名古屋人は、こんな使い方をするといい」など、地域ならではの使い方もディスカッション。


3人寄れば…といいますが、さすがにこれだけ集まると、髙木が思いもつかなかった知恵が出てきます。集まって意見交換することの威力を実感しました、ほんと。

 

■第2

「Visaデビットカードって、どうよ?」の巻


●そもそも「Visaデビットカード」って?

ズバリこれ、カードだけど現金(のようなもの)なんです。使った瞬間、自分の口座のお金が消えます(笑)。「いま使ったの見てたでしょ」と言いたくなるくらい即効で。


つまり、レジで1,000円札出すか、カード出すかの違いだけ。カードが1,000円札、100円玉の代役をつとめてくれるんです。

 

<いいところ>

1口座直結で、現金といっしょ!

2口座にあるお金しか使えないから、おのずとセーブがきく

3レジで小銭を出すストレスがゼロ

ATMに行く手間なし⇒手数料もかからない

3支出も残高もスマホ簡単チェックできる

 

すでに、Visaデビットカードのヘビーユーザー髙木は、最近めっきり「サイフの現金」にお目にかかることが減りました。あ~、そういえば世の中には現金というもんがあったな、忘れてた。いつか、まじでこんな時代になりそうです。

 

Visaデビットカードは、24時間365Visaマークのお店で使えます。 髙木の感覚によると、使えないシーンは1割程度。近所の肉屋に、八百屋に・・・そんな感じです。

 


●安心して!まだまだ使ってない人ばかりですから

レクチャーによると、日本はいまだに現金主義の国。日本の消費支出全体のおよそ8割が現金払いだそうです。残りは、クレジットカード、電子マネー払いなどですが、デビットカード払いにいたっては、わずか0.3%程度。えーー、1%以下ですか。これは、デビットカード使ってる人、探すほうが大変そう

 

一方で、こんなおもしろい調査結果も。日本人に聞いてみたら、キャッシュレス派、またそうなったらいいと考える派は、なん68%もいるとか。現金主義と思いきや、多くの人が、現金払いをわずらわしく思ってるってことですね。

 

なら、深く考えず、デビットカード1枚持てばいいんです!Visaデビットカードには、すごい普及のポテンシャルがありそう。どうですか? 直感で便利そうと思った方は、とりあえず作って、使ってみることです。


 

●好きな銀行を選んで1枚、2枚!


いまVisaデビット―カードは、こちらの銀行で作れます。いろいろありますね。
「気になる銀行名 デビットカード」で検索を。


まずは、それぞれ特徴やサービスを調べてみるところからですよ。ポイント還元率、使い勝手などを比べてみましょう。あと、個人的には、その銀行のことが好きかも大事だと思います。毎日、カード見ることになりますから。


【画像】Visaオフィシャルサイトより


●で、結局どう使うと便利なの?

便利な活用法はたくさんありますよ。

【一例】

翌月決済になるクレジットカード払いをデビットカード払いに変え、1ヵ月の支出を把握しやすくする。

・決まった額だけ入金して、カード払いの予算を守る訓練をする

2枚のデビットカードを使い、ごっちゃになる自営用の現金と、家計用の現金を管理する

・高校生・大学生が自分のネットショッピング用に使う(15歳から作れる)

 

など、など。書ききれませーーーん。その人、その人ごとに、使い方提案がいっぱいある、それがVisaデビットカードなのです。

■エンドロール

「おつかれさま、お楽しみに」の巻


脳みそを酷使したあと、発表役の任務もあってクタクタ…。終わったあとの懇親会では、飲みにケーション、食べにケーション。


リラックスの懇親会では、Visaの担当者さまにも「こうして欲しい」なんてお話もできました。おいしい食べものの力ってすごい。久々に会う遠方の仲間にも、ホッとさせられます。

講師役、そしてディスカッションに加わってくださった3行のみなさま、ありがとうございました! 作り手さんからの生の声は貴重でした! 直接お会いすると、その銀行ちょっと好きになります。

さ~て、聞いたことを独り占めぜす、みなさんに伝えていくようにします!

 

お決まりの「ハイ、チーズ!」 髙木はどこでしょう~?


ここだけの話、ちょっと変人の集まりです。既成概念にとらわれないと人という意味で…。



【大予告編!】

後日、FP-RECOさんからリリースされる「Visaデビ

ットカード」のレビューをお楽しみに! 便利な使い

方、もっと詳しくわかります。


      

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中